ブログ記事の完全外注化マニュアル【初心者むけ】費用相場や始め方!

私は今まで4個のサイトを運営してきましたが、3個はほぼ外注化のみでまわしてます。1個売却し、残った3個のサイトを現在70%外注化。

ブロガー界でいう「自動販売機」って奴ですね。

けど2019年8月現在、去年までつかえていた自動販売機技はつかえなくなりつつあります。

理由はグーグルアプデ。

2018年、私がブログを始めた当初に上位にいたサイトがどんどん飛ばされてるんです。

残ったサイトを分析すると、今後の外注化をしたままブログ収益を継続するには何が必要か?がわかってきます。

それを踏まえて、2019年夏以降のブログ記事、完全外注化マニュアルを作成したので、ごらんください。

Webライター歴3年と、クライアント歴2年の私が両サイドからの視点で、スムーズなブログ記事の外注化を紹介いたします!

 

↓↓初心者クライアントでもわかりやすいクラウドワークスの無料登録は以下のリンクから!

公式サイトはこちら
 

外注に頼むところ&頼まないとこ

まず、全部を外注さんに頼むのはNG。理由は2つ。

  1. 自分のオリジナリティがなくなるから
  2. 外注費用が高くなるから

こんな理由で、下の赤文字のみを外注化するのがおすすめ。

収益が続くブログを作りたいなら、記事ネタ探しやライバルチェックは最低限、自分でやってサイトの方針がぶれないように監視し続けるべきです。

ブログ記事作成で外注さんに頼むこと(赤文字)&自分でやること(青文字
  1. 記事ネタを探す
  2. キーワード選定
  3. ライバルチェック
  4. タイトル作成
  5. パーマリンク作成(+50円)
  6. 見出し構成を作成
  7. 記事内容に関する調査(必要最低限)
  8. 記事を書く!(必要最低限)
  9. 文字装飾(必要最低限)
  10. タグ挿入やカテゴリー選択(必要最低限)
  11. 画像・Twitter・インスタ挿入(+150円)
  12. アドセンス広告・アフィリエイト広告貼り
  13. 終了!
  14. →スマホから自分の記事チェック

こんな感じですが、これは私のオリジナル。他もバンバン外注化する人もいますよ。

私は1記事1記事に自分カラーを入れたい派なので、

  • タイトル作成
  • 見出し構成作成
  • 記事作成

このあたりは頼まれても人に譲りたくない!って感じで自分のオリジナル性を意識しています。

今後は個人ブロガーのブランド化が大事とか言われていますよね?その点でも、タイトルや見出しはできる限り自分で作った方がいいです!

ブログ記事の完全、外注化マニュアル

外注さん募集の流れ。
  1. クラウドソーシングサービスにクライアントとして登録
  2. 外注さん募集記事をだす①
  3. 応募者に記事作成方法のテンプレとタイトルを5つ渡す②
  4. 仕上がったものをチェック&コピペチェック③
  5. ⇒修正依頼④
  6. 本採用かどうかを決定し、価格交渉する⑤

だいたいこんな感じです。赤文字が注意すべき点。以下に詳しく書きますね。

①ライター募集の文面

ライターの募集は正直どこでもいいです。クラウドワークスでも ランサーズ でもシュフティでも。

ライターさんも複数のクラウドソーシングサービスを登録していたりするからね。

↓↓初心者クライアントでも簡単に外注ライターが見つかるクラウドワークスの無料登録は以下のリンクから!

公式サイトはこちら
 

募集の文面は以下の感じ。コピペOKですよ!

【 概要・目的 】
●●に関するブログ記事 のライターを募集いたします。

【 依頼内容 】
掲載メディア:子育てブログURL…
・テーマ:●●などライフスタイル全般
・文字数:1本あたり3000文字程度
・執筆本数:5本(その後本採用)
・画像選定:なし 

【 タイトル例 】
・●●の始め方、メリットデメリット、失敗例、注意すべき点、など

【 報酬 】
・テスト1本あたり1000円 
・本採用後は単価相談1200円~随時昇給

【 納期・納品方法 】
・契約から1週間~2週間程度 で納品
・テキストファイルで納品

【 重要視する点・経験 】
・上記内容に近い執筆経験・人生経験があれば歓迎
・まめに連絡が取れる方
・コピー厳禁

【 応募時のお願い 】
・簡単な自己紹介や、実績・経験があればご提示ください。
・対応可能な記事数(週)をご提示ください。

その他ご質問等ありましたら、気軽にお問い合わせください。
月収5万円越えのライターさん多数活躍中!
ライターの皆さまからの応募をお待ちしております!

赤文字にしたところは必ず書くようにしましょう!

ライターさんも眼が超えてくると「この人はちゃんとしたクライアントさんか?」をジャッジします。書くべきところはしっかりと書きましょうね。

自分のサイトURLを書くかどうかは自由です。私は書いています。

応募者が「どんな文章を書けばいいか」をサイトを見て判断してもらえるからです。

 

↓↓ランサーズのクライアント登録はこちらから! クラウドソーシング「ランサーズ」 公式サイトはこちら

 

②テストライティングを5つとテンプレの例

5つのテストライティングは多い?と思うかもしれませんが、妥当数です。理由は以下の通り。

  • 5記事の間にとぶライターさんを選別できるから。
  • 5記事の間に雇う、雇わないの判断が大体できるから
  • 5記事のやり取りでライターさんの人柄、コミュニケーション能力、記事作成能力がわかるから

応募くださったライターさん、合わない人が全体の半分くらいいるんですよ、実際。

5記事のテストのうちに、飛ぶ人は飛びます。

本採用になってとばれるよりも、テストで飛ぶ人を振り分けるために5記事くらいのテストが妥当です。

5記事のチェックや修正依頼などのやり取りの中で、外注さんの人となりがなんとなくわかるしね。

テンプレ例

  • タイトル…「赤ちゃんが泣きやむ方法」
  • キーワード…「赤ちゃん 泣きやむ」
  • 読む人…赤ちゃんが泣きやまずに困っている新米ママさん
  • 何のための記事か…新米ママ&パパのために、赤ちゃんの泣きやむ方法を、わかりやすく伝える記事です。
  • 注意点
    …ユーザーに話しかけるつもりで
    …読み手の新米ママは、寝不足で疲れきっているとイメージし、しかもマタニティブルー
    …相手が傷つかない書き方
    …単純明快なわかりやすい文章
    …長文になり過ぎない
    …長文になるときは「、」で改行
    …必ずプレビューで確認
  • 疑問質問、いつでもおっしゃってくださいね!
  • 納期が遅れる場合は、なるべく早めにご連絡くださいませ。

③コピペチェック

必須です。コピーしてしれっと納品するライターさん、2人くらい出会いました。(20人中くらい)

無料のコピーチェックとかで調べて、40%以上コピーだったらその旨をお伝えして「オリジナル文章」に修正依頼を出しましょう。コピー繰り返されたらお断りで。

④修正依頼

私は書くのが好きなので、外注さんの記事を添削するのが大好きです。

自分好みにオリジナルに変化させてく話術が好きというか…笑。

そうじゃない人は、具体的に修正依頼を出しましょう。

具体的な修正依頼の出し方例。

「見出し…の箇所ですが、(URL)のサイトと同じような内容なので、オリジナル性を出して書き直していただけますか?経験された体験を元に感情をこめて書いていただけるとGOOD。内容に迷った場合はツイッターなどからオリジナル感想を探して参考にしてみてください。●日までによろしくお願いいたします!質問などいつでもお気軽に!

超、へりくだってくださる外注さんがへりくだり過ぎないように、「上司感」を抜きつつも、伝えるべきことはしっかりと伝えましょう。

↓↓ランサーズのクライアント登録はこちらから! クラウドソーシング「ランサーズ」 公式サイトはこちら

 

⑤価格交渉

テストライティングでやってもらうのは…

  1. 記事内容に関する調査(必要最低限)
  2. 記事を書く!(必要最低限)

ここだけ。

この段階では、というか、外注ライターさんには基本「何文字いくら」という発注をするので、記事作成はマスト。

「わたしは1円/文字でやらせてもらっています」など、希望価格を伝えてくださる外注さんもいます。

そんな方には鵜呑みにするのではなく、期間の条件をつけるといいですよ。

「本価格を決定する前に、最初の2記事だけ●円で書いていただき、その後に判断させていただいてもいいでしょうか?御希望に沿えるよう、検討いたします!」と。

これ以外の作業もしてもらいたい時は、作業ごとに細分化してお伝えするとわかりやすくて喜ばれます。

  1. ライバルチェック(+α円)
  2. タイトル作成(+α円)
  3. パーマリンク作成(+α円)
  4. 見出し構成を作成(+α円)
  5. 文字装飾(必要最低限)
  6. タグ挿入やカテゴリー選択(必要最低限)
  7. 画像・Twitter・インスタ挿入・パーマリンク(+α円)
  8. 内部リンク(+α円)
  9. →スマホから自分の記事チェック(+α円)

それぞれをいくらにするかは人それぞれ。

これら全てを作業に組み込み、超安価でやとうクライアントさんもいましたが、そんな列悪条件で雇われ続ける外注さんたちは手を抜きます。

けっか、その方のサイトはやっぱり飛びました

そんな人の下では、手を抜いた文章で十分、と外注さんも手を抜くかもしれませんよね。

結果、質の低いサイトの出来上がり。アプデで空のかなたへ飛んでいきます。

外注さんのやる気を引き出せないって点でおろかなクライアントと言えるでしょう。

外注ライターさんははっきり言って、安かろう悪かろうです。

あるひとでも安い仕事には手を抜くという意味で、安い仕事に応募してくる人が能力が低いという意味じゃないですよ。

高単価の外注さんは、そのクライアントとつながり続けるために、高品質な仕事をしてくれます!

外注さんの能力を最大限まで引き出せるかどうかも、クライアントの能力にかかっているので、是非モチベーションを引き上げてケチらずに、サイト品質を保てる良質な外注さんを発掘していきましょう!

 

↓↓ランサーズのクライアント登録はこちらから! クラウドソーシング「ランサーズ」 公式サイトはこちら

 

外注化のメリット&デメリット

メリット

  • 時短になる
  • サイトの成長スピードが速い
  • 孤独なブログ運営作業を「仲間とやってる!」感が味わえる

時短です、時短。ブログ記事外注化の一番のメリットは時短です。とにかく時短が素晴らしい!

そして、外注さんの協力を上手に得られたら、サイトの成長速度はブースとされます。

初期費用さえあれば、アフィサイトでの外注化はいわゆる「チート」技です、マジでw

そして孤独なブログ運営を「一緒に1つのサイトを育てている!」って気持ちになれるのも嬉しいところです!

デメリット

  • やり取りに時間をとられる
  • 飛ばれる
  • お金がかかる
  • サイトカラーがぶれる

当然デメリットもあります。外注さんとのチャットのやり取りなどで時間をとられます。

日に数十分もとられることもあるから、その文記事書けば早くない?と思うのだけど、将来の半自動販売機化のための時間投資です。

で、時間をかけて育てた外注さんが飛ぶことがあります。テスト期間長くして、この無駄コストをなくしましょう。

当然ですが、外注費用がかかります。

そしてサイトカラーがぶれてつまらないサイトになっちゃいかねません。外注さんに頼りきらず、外注化したとしても自分カラーを貫きましょう!

 

↓↓初心者クライアントでも簡単に外注ライターが見つかるクラウドワークスの無料登録は以下のリンクから!

公式サイトはこちら
 

ブログ記事を外注・費用の相場は?

クラウドワークスでは初心者ライターさんでも0.5/文字が相場と言われています。

が、必ずじゃなく、クライアントによります。

私は0.3~0.4円/文字辺りからスタートして、記事作成に慣れてきたり、スピーディーで質の高い記事を納品してくださる方にはどんどん昇給しています。

もとWebライターの私は、最初から2円/文字で、覚えることも質も最初から当然高いですよね?というクライアントさんの相手をするのは気負うから苦手でした。

超絶えらそうに上から下へ「こんなこともわからないんですか?」とか言う人もいたし。

せっかく在宅でストレスレスでできる仕事を選んでるのに、そこでストレスもらっちゃうのも嫌じゃないですか?

1,200円/3,000円スタートでも、早い方はどんどん昇給して稼がれています。

 

↓↓ランサーズのクライアント登録はこちらから! クラウドソーシング「ランサーズ」 公式サイトはこちら

外注ライターを頼むタイミングは?いくら稼げたら?

最後に、コンサルをしている生徒さんから聞かれたのですが、

「だいたいいつくらいからブログ記事の外注化を始めるといいですか?」

という質問にお答えします。

今まで出会ったブログ記事を外注化している人の始めるタイミングは以下のパターン

  • ブログスタートと同時に外注化(赤字+ブログ成長が早い+指示内容がうまくできない)
  • ブログで1万円の収益が出てから(赤字+成長が早まる+ちょっとブログに慣れてきたから指示出せる)
  • ブログで10万円の収益が出てから(黒字+軌道に乗ったブログを回してもらう感じ)

だいたいこんな感じですね。

スピード速かろうが、初心者さんは外注さんへの的確な指示を出せないことから、最初からの外注化はおすすめできません。

月収5万円、10万円を超えた辺りからの外注化で十分だと思いますよ。

 

↓↓初心者クライアントでも簡単に外注ライターが見つかるクラウドワークスの無料登録は以下のリンクから!

公式サイトはこちら
 

さいごに

現在わたしのサイトを支えてくださっている外注さんたちは、ほぼ初心者ライターさんからスタートしました。

度重なる昇給をモチベーションに頑張ってくださって、1年以上のライターさんも2名。

スカイプの1メッセージだけでサイト運営を担うまで、成長してくださいました!

外注化はマストではありません。

しかもグーグルアプデの影響を考えると、外注さんだけでまわすのは今後難しい。

そこで確実に「自分じゃなくてもできる作業」を細分化してお願いしていくのが、効率のいいこれからの外注化と言えます。

作業の時間を大幅に減らせる外注化を是非マスターして、自分の自由時間を増やしましょう!