webライターになるには?主婦が未経験でやるライターの手順&月収30万までの道のり

スマホ社会の昨今、わからないことがあると人に聞くよりも先にスマホで検索する人も多いですよね。そんなスマホの中の情報を提供するwebサイトも多数あります。

その中の記事を書くことで、

サイト運営者から報酬をもらうのがwebライター。

パソコンと、ネットワーク環境さえあれば、誰でも出来るお仕事です!

わたし蓮@cocolotus_netは、そんなWEBライターとして、生活費を稼いでいるシングルマザーです。今でこそ生活できるくらいの収益があるものの、ここにくるまで山あり谷あり…

そこで今回は、「webライターになるにはどこに登録すればいいの?」という順序を詳しく紹介いたします!

また、私がwebライターとして月収30万円を稼げるようになるまでの、ライターとしての仕事実績もお伝えするので、外勤パート主婦を脱却したい方。家で子供と過ごす時間を増やしたい方はぜひとも参考にしてください。

Webライターになりたい方は初心者向けのクラウドワークス ランサーズ がおすすめ!

すでにWebライターでステップアップしたい方は、サグーワークスのプラチナライターが、高案件をゲットできておすすめです!

 

webライターになるには?

web ライター に なるには

webライターになるには?
  1. クラウドソーシングサービスに登録する。
  2. 個人サイトで募集しているところに、個別に応募する。

私が知っているのはこの2つの方法です。

個人サイトで募集している人もけっこう見かけます。ツイッターで「ライター募集」とかで検索すると、ざくざく出てくるので興味ある方は探してみてください。

イキナリ個人契約よりも、わたしがおすすめするのは、大手のwebライター斡旋所に登録するほう。

たくさんの仕事が集まる場所に最初から登録した方が、多くの仕事を請け負うことができるからです!

おすすめのwebライター登録サイトは?

webライターの登録サイトで有名なのは、クラウドワークス。そして ランサーズ。初心者はどちらに登録しても同じです。

調べたところ、以下のように他にもたくさんwebライターの登録サイトはありました!

他にもあると思うんですが、私は基本クラウドワークスとサグーワークスで活動していました。大体どこでもやることは同じなので、お気に入りサイト1~2個で活動していくことになります。

webライター初心者さんにはクラウドワークスをおすすめし、ステップアップして高単価の仕事を受けたいって方にはサグーワークスでプラチナ試験を受けることをおすすめしています。

 

1.登録しよう

各サイトに寄りますが、登録方法は大体同じ。

webライターの登録方法

メールアドレス、名前、住所、電話番号、振込先の銀行などの情報などを登録画面に書き込み、返信メールが来て登録完了!

所要時間は5分かからない程度です。

もちろん登録だけなら無料だし、月会費を取られることもありません。

※クラウドワークスとサグーワークスのみ確か。他は登録前にご確認くださいね!

2.お仕事を開始しよう!

web ライター に なるには

登録したら、早速お仕事を開始しましょう!

と言っても、いきなりグーグル検索のトップに来るサイトの記事を書くのは難しいです。

最初は1000~2000文字程度のレビュー記事という、小さなお仕事から始めましょう!

なぜwebライター仕事初心者に、1,000文字程度のレビュー記事をおすすめするかというと…

初期におすすめ1,000文字程度の仕事のメリット

仕事数がたくさんある!

1記事作成にかかる時間が少なくてすむ(得意分野のみ)!

記事のスタイルが簡単(起承転結とかいらない)

需要が多いゆえに、高単価にあがりやすい!

こうした理由からです。

初心者は仕事に慣れていないですよね。

でも、ある程度の収入がほしいじゃないですか。

だからこそ、得意分野をテーマにしたレビュー記事で、数をこなして仕事に慣れていくのが、月収30万円までの近道なんです。

と言っても、最初の数ヶ月は月1万円~ってとこは、

まずは覚悟しておきましょう!

1000文字以下のレビュー記事の書き方&仕事の選び方

web ライター に なるには

ゆくゆくは、webライターで収益30万円を目指すのであれば、

1000文字~2000文字のレビュー記事からスタートがおすすめです。

クラウドワークスでお仕事探しを始めると、山のように案件がある中から自分で選ぶことになります。

「お仕事、たくさんあるけど、選ぶポイントは?」

⇒自分の得意分野のレビュー記事を選ぶ!

選ぶポイントは、この1点!

  • ドラマ好きな人⇒ドラマのレビュー記事
  • 映画好きな人⇒映画のレビュー記事
  • ダイエット好きな人⇒ダイエット器具のレビュー記事
  • 車好きな人⇒車のレビュー記事
  • 旅行好きな人⇒旅行のレビュー記事
  • 子育て真っ最中の人⇒子育てのレビュー記事

こんな感じで自分の得意分野のお仕事を選ぶと、大幅に時間短縮できます!

だって自分の脳内に、「答え」が詰まっているのだから!

 

自分の知らない分野の記事を書くデメリット

web ライター に なるには

 

知らない内容の仕事を請けちゃうと、まずその内容についてネットで検索して下調べする作業が必要になります。

この「下調べ作業」は、

はっきり言って記事執筆よりも大幅に時間がかかります。

しかもこの「下調べ」で手を抜いて、適当な文章を書くと、高い確率でクライアントからお叱りを受けます

リライトに次ぐリライトで、最悪報酬が発生しないままお仕事を断念することもあるんです。

得意分野の記事を選ぶメリット!

だから、初期は下調べの必要がほとんどいらない

「自分の得意分野」の記事作成の仕事を請け負いましょう!

調べるまでもなく、自分で解答を知っている案件ならば、ノリノリで速く書けるので、仕事数を増やせますから。

もっと言えば「自分の得意分野」だけで月収30万円まで突っ走れます!

毎日多く検索され、数年~数十年後も廃れない分野を「得意」としていれば、webライターとして最強。

強い「得意分野」
  • ダイエット・美容系
  • 子育て系
  • 投資・外資系
  • ドラマ・芸能系
  • 歴史系
  • 地域行事系

これらのテーマを得意とする人は、

webライターとして大きく飛躍するチャンスがあります!

 

1,000~2,000文字レビュー記事のメリット

web ライター に なるには

レビュー記事のメリット

仕事数がたくさんある!

1記事作成にかかる時間が少なくてすむ(得意分野のみ)!

記事のスタイルが簡単(起承転結とかいらない)

需要が多いゆえに、高単価にあがりやすい!

レビュー記事を上手に書けるようになれば、文字単価が0.3円⇒1円まで一気に駆け上ることができます!

(もちろん、クライアントさんによりけり。場合によっては価格交渉します)

レビュー記事を求めるクライアントは多く、

スピーディーに仕上げてくれるwebライターさんには優先してお仕事を発注してくれます。

レビュー記事は、webライターの初級者から上級者まで幅広くおすすめできる案件!

 

レビュー記事のデメリット

そんなレビュー記事のデメリットは、文字数が少ないこと…くらいかな。

大きく稼ごうと思うと、文字数多めの10000文字の仕事を日にいくつもこなしていく必要がありますが、レビュー記事の文字数上限は3,000~4,000文字。

(個人的感想)

文字単価1円とすると、3,000文字で3,000円ですよね。

月に30件受けたとしても、90,000円…

そこから手数料とか引かれると、母子家庭が生活するには…苦しいです。

webライター初心者がやりやすい失敗!

web ライター に なるには

と、4年間webライターとしてお仕事してきたからこそ偉そうに言えるものの、私のライター初心者の頃は、もっとヘマばかりやっていました。

webライター初心者がやりやすい失敗。

イキナリ高額案件を受ける。

自分の知らない分野の仕事を受ける。

文字数の多い案件を受ける。

ライター初心者であるのにも関わらず、「ようし!来月から月収30万円だ!」と意気込んで、高額案件に突っ込む人も多くいます。(←知らないけどw)

現在私はクライアントとしてwebライターさんを雇う側をやっております。

すると、「われこそは!」と高額案件を引き受けてくださったにも関わらず、

「ん??」という文章力の方もちらほら…。

意気込みは素晴らしい!

けど、仕上がりのよくない案件は、やっぱりリライトしていただく他、ないんですよ…

リライトに次ぐリライトだと、なかなか稼げません。

webライターの初心者の方は、高額案件と文字数多い案件は避けて、

地道に0.3~0.5円からスタートしましょう。

想像の諭吉さんよりも、実在の夏目漱石をつかみに行くんです!

安価で文字数の少ない案件であれば、クライアントさんから指導もしてもらえるうえに、まずまずの出来でも「OK」がもらえるからです。(人によるけどね)

急がば回れ、こそがwebライターの王道です!

 

webライターとしてのわたしの道のり

web ライター に なるには

ちなみに私はwebライター初心者の頃から、上に挙げた失敗全てを経験して、

時間を大幅に無駄にしましたよ。

0~半年⇒月収1万円未満:色々な案件を受けて、リライトばっかり。首になったり、叱られたり、けなされたり…

半年~2年目⇒月収3~8万円:2,000文字~のレビュー記事などで3~4人のクライアントさんに落ち着く。収益も安定。

2年目~3年目⇒月収8万~10万:扶養範囲内で調整して仕事してた、と思ったら離婚w⇒急に稼がなきゃならなくなって企業と月契約!

3年目~⇒月収20~30万円:企業と月契約しつつ、自分でサイト運営しつつ、他のクライアントから高額案件をいくつも請け負う。

2018年に入って、webライターとしての活動を徐々に縮小し、自分のサイト運営だけで活動できればと仕事調整を始めました。

正直ね、あれなんですよ。

いくら収益増えるからと言って、人の言いなりの文章を書くことに疲れてきたというか、自分でサイト運営したほうが、自分が自分の主人ってことで、どんな文章でもバンバン投稿できるし、楽って言うか…文句いわれないし、リライトしなくていいし、60%の出来で投稿して、気分が向いた時に画像挿入したり仕上げればいいし。…てきとーでいけちゃうし…

更にね、自分がライターとして自分でwebサイトを運営し始めて、ある大きな事実に気がつけたんです。

それは、ライターとして3年以上書いてきたからこそ、

自分のwebサイト運営が恐ろしくスムーズに行ってるってこと。

2017年12月にgoogleアドセンスの審査に通過して、丸1年後には自分のサイトだけで月収27万円の収益を上げていました。

なかなか収益が発生しない不遇の数ヶ月間を乗り越えた後だったので、「わたしって何事ものんびりだなぁ」と思っていたけど、サイト運営初心者としては、異例のスピードだと言われましたΣ ゚Д゚≡( /)/エェッ!??

もちろん、上には上がいます

俗に言うインフルエンサーたちとは比べ物にならないレベルですが…ヾ(´ε`;)ゝ

ただ、忘れちゃならないのは、私がものすごくネットとか文章書くのとか苦手な人間ってこと。

>>シングルマザーだけど仕事辞めたい!子供と一緒にいる時間を増やす方法

そのわたしが、サイト運営で微々たるも「成功」と言える位置にたどり着けたのは、

ひたすら言いなりに書き続けた、webライターとしての3年間があったからなんです。

シングルマザーたちへ

web ライター に なるには

シンママの皆さま、お疲れ様です。

仕事に家事に炊事に…そして子供と過ごすことで、1日が秒速ですぎていく毎日ですよね。

疲れても休めない。寝不足でも休めない。風邪を引いても休めない。

休もうとしても未来が不安で不安で、ついつい仕事に気持ちが向いてしまう。

webライターとして、またサイト運営者として在宅で仕事をしている私ですが、やっぱり未来への不安から、寝る時間削って仕事を詰め込んでいる日常です。

ただ一つの、たった一つの救いは、子供の近くにいられること」だけ。

仕事は辛いです。楽な仕事なんてない。ましてや、家族数人の生活を支えるほどの仕事となると、休む暇なく続けなきゃいけません。

けど、webライターになってからは、物理的に、子どものそばにいられるんです。

仕事でパソコンから離れられないわたしのぬくもりを求めてくる、長男と次男を両膝を枕にして寝かせて、その上の机で仕事…なんてこともありました。

子どもたちはパソコンにばかり向かう私に不満もあると思います。

けどわたしは、在宅仕事で家族が暮らせる収益を得られ、子どもの側にいられることが、ただただ幸せです。

外に働きに出て、子どもと一緒の時間が少ないなぁと思ったとき、webライターというお仕事のことを思い出してください。

そして1000記事から、ささやかに始めてみてください。

 

Webライターになりたい方は初心者向けのクラウドワークス ランサーズ がおすすめ!

すでにWebライターでステップアップしたい方は、サグーワークスのプラチナライターが、高案件をゲットできておすすめです!