ツイッターをブログに埋め込みする方法!ツイッター貼り付けするメリットデメリットも!

ブログ記事の中にツイッターがバンバン貼り付けられている記事、ありますよね。

  • 「ツイッター貼り付け、どうやってやるの?」から、
  • 「ツイッターを貼り付けるメリットはなに?」まで、

初心者向けに、ツイッターをブログに埋め込みする方法と、メリットデメリットを紹介いたします!

私は初心者の時(今でも)ツイッター活用しまくりでした。

ブロガー2年生の今では「ツイッター埋め込みは多くても、1000文字に1個くらいの頻度がほどよし」って感じです。

ツイッターをブログに埋め込みする方法!

コレ実はめっちゃ簡単!

こーゆーの苦手な私ですら、1瞬で覚えられました笑

ツイッターをサイトに埋め込みする手順
  1. ツイートの右上の「>」みたいのをクリック
  2. 「ツイートをサイトに埋め込む」をクリック
  3. 出てきたコードをコピーして、サイトに貼り付け!
  4. 写真も載せたい時は「メディアを含める」にチェック!

1.ツイートの右上の「>」みたいのをクリック

ツイッター ブログ 埋め込み

まず、サイト内に載せたいツイートの右上の「>」の向きを変えた感じのマークをクリック!

2.「ツイートをサイトに埋め込む」をクリック

ツイッター ブログ 埋め込み

ずらずらっと色々出てくるけど、他のやつはほとんど使ったことない。

ツイッターの機能とか全然使い切れてないけど、ブロガーにそんなの関係なし!

3.出てきたコードをコピーして、サイトに貼り付け!

ツイッター ブログ 埋め込み

すでに青っぽく「選択」されてる状態なので、このまま「Ctrl+C」でコピーしちゃいます。

ここで注意!

ツイートをサイトに貼り付ける時に、ワードプレスの場合は必ず「テキスト」モードにしましょう!

4.ワードプレスに貼り付ける

ツイッター ブログ 埋め込み

いつもワードプレスで記事を書くときは、たいてい「ビジュアル」モードになっています。

が、ツイッターやインスタの埋め込みの時はテキストモードにしましょう!

ツイッター ブログ 埋め込み

ほい、終了!簡単でしょー??

写真も載せたい時は「メディアを含める」にチェック!

ちなみに、ツイッターの画像をサイトにそのまま載せたい時は、「メディアを含める」にチェックをします。

ツイッター ブログ 埋め込み

というか、チェックしてあります、もともと。

逆に「画像は載せたくない。文章だけ載せたい」って時にチェックをはずす感じでしょーか。

しかしね、ツイッターをサイトに埋め込みするメリットは、実は「画像」にあるんですよ。

なので「メディアを含める」のチェックは常にしていてOKだと思うんです。

その理由は…

ツイッターをブログに埋め込みするメリットデメリット

ツイッターをブログに載せる3つのメリットは?

  1. 芸能人や有名人の画像を載せられる!
  2. リアルタイムの情報を載せられる!
  3. 「世論の声」を載せることでサイトの説得力が増す!

1.芸能人や有名人の画像を載せられる!

特にトレンドブログとかを書いていると、「芸能人の画像を載せたい!」ってなりませんか?

芸能事務所の公式サイトや、芸能人の個人ブログから勝手に画像を転載すると「著作権の侵害」みたいなのにひっかかります。

芸能人の人格権侵害⇒5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金

軽い気持ちでブログスタートして、万が一訴えられたらいやですよね。

こんなのどうせ訴えられないと、画像を載せまくっているサイトもありますが、

わたしは絶対やめたほうがいいと思います!

そんなリスクを犯して、長年積み上げた記事たちやサイトがダメになったらいやだからです。

てわけで、芸能人の画像を堂々と使いたい時にはツイッターやインスタをフル活用!

いい画像たくさんあるから便利です!

2.リアルタイムの情報を載せられる!

ツイッターの情報は、何よりも早い…

国政の重要会議だってツイッターでやり取りする時代ですもん。

サイトを見に来るユーザーだって、いち早く情報を発信してくれるツイッターは参考になります。

その「いち早い情報ツイート」がまとまってるサイトもまた、ニーズに応える良質サイト!

ユーザー満足度もあがります。

3.「世論の声」をリアルに載せられる!

「わたしは◎◎だと思います!」っていくら叫んでも、「ふーん」の世界。

けど、「私以外にもこんなにも賛同者がいます!」

のツイートを山ほど集めてサイトに載せると、とたんに説得力が増しますよね。

おぉ!こんなにも大勢の人が同じ意見なんだ!

と、読み手も納得してくれます。

ツイッターをサイトに埋め込む3つのメリット
  1. 芸能人や有名人の画像を載せられる!
  2. リアルタイムの情報を載せられる!
  3. 「世論の声」を載せることでサイトの説得力が増す!

デメリットまとめ

  1. サイトがちょい、重くなる
  2. 見にくくなる

1.サイトがちょい、重くなる

ツイートがたくさん埋め込まれているサイト、表示速度が遅いと感じませんか?

ツイッターをサイトに埋め込むメリットは上記の通りですが、

埋め込みすぎると逆にマイナス。

表示速度の重さは低評価の原因となっちゃいます。

私は多くても、3,000~5,000文字の記事に2個くらいの頻度でツイッターを埋め込んでいます。

昔Webライターをしていた時は、多くのクライアントさんが「1,000文字に1ツイートくらいの頻度で」って指示くれていました。

1,000文字に1個のツイートは、メリットデメリットのバランスの取れた頻度なのかもしれませんね。

参考まで。

2.見にくくなる

ツイートが羅列した記事、たまにありますよね。

蓮、赤い服

個人ブログのスタイルは、作成者様の自由。

別にいいんですけどね。

ツイッターが便利で説得力があるのはわかりますが、

自分で文字を書かずにツイートが羅列されたサイト記事は、個人的に見にくくて好きになれない…。

「これならツイッターみればいいじゃん」て話しです。

でも、そんなサイトも上位表示されてることもあるので、SEO的に絶対不利ってことでもありません。

好みで、バランスよく配置してみてください!

まとめ

  • ツイッターのサイト内への埋め込みは、超簡単の4ステップ!
  • ツイッターをブログに埋め込めば、著作権侵害にならずに芸能人画像を貼ることが出来る!
  • リアルタイム情報や、世論の声としてのツイッターをブログに貼り付けることで、ブログで語ってる内容の説得力が増す!
  • ツイートが多すぎる記事は重たくなるので、1,000文字に1ツイートが最高ラインだと思う。
  • ツイッター貼りすぎは重すぎ&みにくいため、避けたほうがいい

ワードプレスやらサーバーやドメインや、プラグインやHtml…

ブログでおこづかい稼ぎを!と軽い気持ちで始めたのに、意外な壁にぶち当たってる人が多いですよね。

私もその1人。

Htmlとか苦手中の苦手で、いろんなシステムを使いこなせずに「記事更新」1本柱でやってきました。

が、そんなわたしでさえも出来たのがツイッターの埋め込み。

(まぁ、誰でもできるんだけどね笑)

苦手な人でも簡単なサイト装飾方法として、是非ご活用ください!

以下の記事も合わせてご覧ください。